今日はタカさんと三ツ石山へ登山へ行く日です




天気が・・・

でも予定通り出発します

7時に家を出て松川温泉へ向かいます


IMAG3132_convert_20170611224919.jpg


目の前に見える雲のかかった山が岩手山です

西根に入ったあたりは一応晴れたりはしていますが・・・山の中は雨っぽいですねw



IMAG3134_convert_20170611224930.jpg


ってことで目的地の松川温泉の登山口へ到着しました

ツアーの方々だろうか?車もチラホラ停まっていました


ここから少し道路を歩き、松川温泉の三ツ石山登山口へ向かいます


IMAG3136_convert_20170611224957.jpg


凄い雲だな・・・と思いきや、これは地熱発電所の蒸気です

松川温泉のすぐ隣は発電所なのだ



IMAG3139_convert_20170611225007.jpg


ここがスタート地点です

学生時代、ここを何度通ったかわからんくらい登りました

今回は三ツ石へ行って引き返すので往復で3時間半~4時間となります

頑張っていきましょうか!



IMAG3141_convert_20170611225020.jpg

序盤は木道が結構続きます

この写真はそんなにキツイ勾配ではないですが、ほとんどがこれよりももっとキツイ勾配です

でも序盤のみキツく、中盤以降はダラダラ登る感じなのでコース的には初心者向けの楽なコースです



IMAG3145_convert_20170611225030.jpg


ちょっとレアなキノコを見つけました

猿の腰掛け と言われるキノコです

そのキノコはかなり固いです

幼少期はこのキノコをずっと部屋に飾っていましたね~w

実家に生えていたので取ってきた記憶があります



IMAG3151_convert_20170611225118.jpg


続いてのレア種は水芭蕉です

水芭蕉が生える条件が湿地帯であるためこういった人が入らないようなところでしか咲かないので珍しい花です


水芭蕉と言えば尾瀬ヶ原が有名のようですが、岩手でもちょいちょい咲いてます


しかし、山道に咲くとはw

ちなみに、これは花びらが散ってます

もっと綺麗に咲いているご立派なものを写せればいいのですが・・・


IMAG3154_convert_20170611225127.jpg


タカさんが写真に撮っているところを撮る

ちなみに、写真の通り山道はグッチャグチャです



IMAG3158_convert_20170611225139.jpg


分岐に到着しました

歩行距離で2kmくらいだったかな?忘れましたw


松川大橋方面は雨が降っていると通行できないほどの沢になるので迂回は必須のようです

今回は関係ないのでこのまま直進します


IMAG3160_convert_20170611225148.jpg


木道が現れました

非常に歩きやすいですねw

勾配はもうなくなりつつありますので楽な道が続きます



IMAG3161_convert_20170611225204.jpg


ツアーの方々に追いついてしまいました

道を譲っていただきました

すれ違い時に少し会話をしましたね



「学生さん?元気だねぇ~」

僕「30手前です~w ファーーーwwwwww」


笑顔が生まれました



IMAG3168_convert_20170611225214.jpg


雪ですねぇw

ここは沢になっているので雪の下には水が流れています

こういうのが怖いんですよねぇ


IMAG3172_convert_20170611225224.jpg



山道という山道では雪解け水と若干の雨によって水が流れています



IMAG3175_convert_20170611225317.jpg


少し進むとまた水芭蕉が生えてました

もっとデカくてきれいに花びら咲いていると「おぉ!」ってなりますが、そこまでのものはまだ見かけておりません



IMAG3180_convert_20170611225326.jpg


あっという間に三ツ石山荘に着きました

霧の中にうっすら浮かんで見えると雰囲気出ます

地上からは雲の塊で山が見えませんが、これが雲の中の映像ですね


IMAG3183_convert_20170611225335.jpg


パノラマ写真で撮ってみました

この山荘は湿原地帯にあるため沼もあり、水芭蕉も多く咲いています



IMAG3185_convert_20170611225347.jpg


この山荘地点では滝ノ沢温泉、大松倉山、三ツ石山の分岐でもあります


上の画像にある道を行くと滝ノ沢温泉へ下ってしまいます

少し行くと水場もあり飲めるのですが、今回はスルーします



IMAG3189_convert_20170611225357.jpg


山荘の泊まりは自由です

トイレは浄化槽が設置されております

ここで小休憩しておりましたが、団体さんが現れました

どうやら大松倉山へ行くようです

ここはもう尾根道ですので山頂ラッシュが続きます


がんばれば大松倉山から尾根道を通ってこのまま岩手山までいけるのですが、大変なことになりますね

いや、時間的に無理だw


IMAG3193_convert_20170611225405.jpg


では出発~って三ツ石山の方角を見ると、なんか白い物体が広がっているんだが・・・


IMAG3194_convert_20170611225415.jpg


あぁ~^^



IMAG3196_convert_20170611225459.jpg


雪山登山になったw

全く道が見えません!

辺りが雪なので目印も見つかりませんが、たまたま下山してきた方が親切に話をしてくれたのでなんとなく進んでみたら途中で登山道が見えました



IMAG3202_convert_20170611225509.jpg


チラッと展望が良くなったので写真を撮ってみました



IMAG3203_convert_20170611225518.jpg


パノラマでも撮ってみます

いいですね!

綺麗でした



IMAG3209_convert_20170611225530.jpg


雪原を超えるとちょいと登った先が三ツ石山山頂です

ゴールは目の前やで

IMAG3210_convert_20170611225546.jpg


タカさんが勝利しました

もうスコスコ登れますね!

岩手の山ならどこ行ってももう大丈夫でしょう



IMAG3211_convert_20170611225553.jpg


標高は全然高くないのですが、達成感はありますね

ただ展望がご覧のありさまで何も見えませんでしたw

ホントは綺麗なんですけどねぇ



IMAG3212_convert_20170611225600.jpg


そして風もすごく強くて飛ばされそうになります

めちゃくちゃ寒いですし!

すぐに降りましたw



IMAG3213_convert_20170611225641.jpg


僕ら以外の登山者も現れました

2人で写真撮ってもらいましたがデータはタカさんが持ってたので後でもらいます



IMAG3217_convert_20170611225650.jpg


山荘に戻りました

心なしか少しだけ晴れてきてます


IMAG3218_convert_20170611225701.jpg

小休憩がてら飯を食います

やはり山で食べる味噌汁はうまいですが、買ったインスタントの豚汁がおいしくありません

んほおおおおおおおおおお!!!

食ってすぐ下りました


IMAG3220_convert_20170611225709.jpg


休憩なしでガンガン進んでます

途中で岩手山が見えそうになったので写真撮りました

それでも頂上は見えませんね



IMAG3222_convert_20170611225719.jpg


ってことでゴール!

足プルプルですねw


最後の急勾配が続く木道でだいぶやられましたw




IMAG3224_convert_20170611225735.jpg


天気もよくなり、地熱発電所も見えますね

濃厚な蒸気



IMAG3227_convert_20170611225748.jpg


ってことでお疲れ様でした

今回の三ツ石山はなんとなく決めて登りましたが、初心者向けの山です


タカさんはこれで3種類の山を制覇しましたね


栗駒山、姫神山、三ツ石山と着々と増やしております


一番楽な山はどれ?と聞くと、どうやら難しいようですw

って言うのも、山によってはキツイポイントがそれぞれ違うので決めるに決めれないようです


とりあえず岩手山よりは全然大丈夫なのでタカさんはこれからも大丈夫でしょう


さて、次はどこに挑戦しましょうか



岩手県内だと岩手山辺りはよく部活の時に登らされてましたが、和賀方面、遠野方面の山は登ってないですね

少しだけレベルを上げてトライしてみましょうか

焼石岳とかかな?

だがあそこは学生時代で7~8時間かかったな・・・

登るポイントでショートカットできるみたいですが調べてみようかな



山って何合目からスタートするかで楽かどうか決まりますね

下から登るとクソザコナメクジ山もかなりキツゥイ山に風変りするので比較的楽で挑戦してみるような感じでまた登りましょう




ってことで登山日記でしたー







ではでは

























スポンサーサイト