フロントストラップだったかな?昨日の時点で取り外しておりましたが、とりあえず今日紹介します





このダルンダルンに伸びきったゴムバンドですが、非常に重要な役割をしております


幌をオープンにする際にボウという横に伸びた骨組みを引っ張り、綺麗にしまうためのものです

これが伸びきってしまうと、幌を折りたたんでいる際に中途半端に止まってしまい、何かにひっかかっているのかわかりませんが、幌に穴が開いてしまう原因となっているようです



IMAG1986_convert_20160712233620.jpg

こちらは運転席側ですが、すごく腐食しております

どうやら運転席は雨水がすごく漏れてるみたいですね

このプレートは4つあり、新品注文してきました


735円だっけかな?

IMAG1995_convert_20160712233754.jpg


さきほどのプレートのリベット部をドリルで壊しましたが、ちょっとボウの穴を広げてしまったようです



IMAG1992_convert_20160712233641.jpg

ボウの素材が何かわかりませんが、アルミっぽい気がします

この補修ペンを使用して錆、腐食を防いでおきます


IMAG1996_convert_20160712233823.jpg


どうせプレートで隠れるので適当に塗ります


IMAG1997_convert_20160712233843.jpg

こちらは錆が発生してますね



IMAG1998_convert_20160712233902.jpg

どうせ隠れるので大ざっぱに錆を落としてから塗りました


錆の上から塗っても意味ないんじゃないの?


と思うでしょう

ホントは錆を落とした方がいいんですが、錆は酸化でございます

被膜をすることで空気と触れることを防げますので錆の進行は防ぐことができます



自動車のアンダーフロアの錆止めとか、ノックスドールとか、パスタ塗装とか


実は錆を落としてから塗ってる業者は少ないようです

超綺麗に落とす業者がいるみたいですけど


とりあえずは上記の理由からみたいです




まぁそんな感じです





IMAG1994_convert_20160712233728.jpg


このギアは幌をオープンにする際に駆動するようです

グリスに埃が結構付着しているので拭き取ってから塗り直したいですが、さて・・・なんのグリスが必要なのかのぅ



グリスの種類にも色々ございます


モリブデンとかシリコンとか、用途があるみたいですが把握してませんのでちょっとググリマス


そんな感じですね



明日にはあわよくばギア部分の清掃とグリスアップをして、幌を付けてみましょう






ではでは








スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yumetukamouyo.blog.fc2.com/tb.php/1278-9d53d728