今日は午前中は八九寺ちゃんと一緒にいましたが、午後から仕事があるので僕は帰ってオーバーホールです




さぁ左側フロントのオーバーホールをしましょう

相変わらずの錆び錆びですね

綺麗に削り落としてやろう

IMAG2514_convert_20161015214755.jpg


そうそう、ちょっと前にアッパーアームから錆の液だれがあったのでちょっとボルトを取ってみようと思いました


IMAG2515_convert_20161015214821.jpg

結構錆ですね

おそらく、ブッシュの内部が錆びてるのかも

一応ラスペネを噴いておいた

錆は直らないけど、後でここら辺一体を全部交換しようと考えてます



IMAG2513_convert_20161015214706.jpg

そんな感じで、ブレーキホースを取っちゃいます

根元のボルトを取るとすぐにブレーキフルードが漏れるのでオイル受皿を下に敷くといいです



IMAG2516_convert_20161015214844.jpg


僕はブレーキフルード漏れ対策でビニール袋を被せてます

ブレーキホースはアッパーアームに乗せておきました


IMAG2517_convert_20161015214927.jpg


キャリパー本体を外すためにボルト2本を抜きますが、スパナもかけないと緩まないのです


IMAG2521_convert_20161015215144.jpg

2本外せば取れてしまいます

取ったすぐに錆の破片がバラバラと落下しました

相当きてますね・・・



IMAG2518_convert_20161015214951.jpg


ブラケットが残っているのでこれも外します

根元に17mmのボルトが2本ありますが、300mmのロングエクステンションを使って外しました

僕は力がないのでテコを使うためにロングエクステンションを差し、うま~くスピンナーハンドルを使える位置を見つけてやってます


ホントにエクステンションバーは車に必須です!

IMAG2523_convert_20161015215229.jpg


この写真を取った時、実はもう夕暮れですw

夕暮れ言うて16時前だったような・・・黄色くなってしまいました


これは何をしているのかと言うと、キャリパーからピストンを抜くためにコンプレッサーを使って空気を送って押し出そうとしています

しかし、これでは差込口から空気が逃げて全然圧力がかからず取れません



IMAG2524_convert_20161015215251.jpg


ギリギリエアーツールが入るくらいウエスを穴に入れてから空気を送ると簡単に抜けます

ウエスはTシャツとか薄い生地の方が穴に入れやすいですかね

ちょっと空気を入れただけでピストンが吹っ飛んでいくので絶対にピストン側にウエスか何か衝撃を吸収できるものを置いていた方がいいです


空気の圧力を弱めに調整して入れれば途中で止まる位置にもっていけるだろ~なんて思ってやりませんでしたが


ホントにちょっとだけでピストン吹き飛んでいきます!



IMAG2525_convert_20161015215320.jpg


反対側のピストンの内部がきれいだったので大丈夫だと思いましたが、やはり綺麗でした


IMAG2528_convert_20161015215542.jpg

ブラケットをちょっと洗った後に表面を削りましたが、ちゃんとスライドピンの位置を覚えるために写真を撮っておきます



IMAG2527_convert_20161015215506.jpg


今回表面削りに使用したのはモノタロウのベルトサンダーです


コンプレッサーを買った時に一緒に買ったやつで、今回初めて使用しました

車のボディの錆を削り落とすために買いましたが、なぜこれをもっと早くに使わなかったのか・・・


これすげぇよ!

エアーのベルトサンダーってすげぇ高い機械なんですが、モノタロウは一番安い

安くても8000円だけど、それでも流石だよ


これ一つで相当な作業量を熟せます

僕はいつかキャリパーを塗装したいとおもっているんですが、ベルトサンダーがあれば表面を削り落とせるじゃないか


これ最高です



IMAG2529_convert_20161015215643.jpg

夜になってしまったので玄関でオーバーホールします

錆系はある程度落としました

ある程度でいいです


塗装するときにガッツリしようと思っているからです


IMAG2532_convert_20161015215754.jpg


ピストンシリンダーにダストブーツを最初に取り付けます

そして、キャリパー側の溝にダストブーツのはめ込み部分がギリギリはみ出るくらいで止めておき、キャリパーにマイナスドライバーを使ってポコポコハメました



IMAG2531_convert_20161015215716.jpg

キャリパー側もラバーグリスまみれにしました

ゴムの輪っかにもグリスアップしてはめます

ラバーグリスは全部使い切ってしまいました

たぶん使い切るくらい塗らなくてもいいかも


IMAG2533_convert_20161015215814.jpg

そしてポコポコマイナスドライバーではめたという画像がこれです

溝が見えないので結構大変です

コツと言えば、はめ込む溝が意外と近いのでゴムを奥に押しやり過ぎないってことかな

そうすると結構はいりやすいかもしれないです

後は斜めにゴムが飛び出たり引っ込み過ぎないように全体を確認


大丈夫そうなら押し込む

押し込むだけでピストン側の溝は勝手にハマりこみます


IMAG2534_convert_20161015215831.jpg


完了したと思っても、実は溝に入っていないかもしれないのでピストンを出して溝にハマっているか確認します

ピストンですけど、エアーツールで簡単に出ます

最初にピストンを取り出す時みたいに空気が逃げないようにウエスを詰める必要はないんです

エアーツールを入れ、空気が漏れていたとしてもピストンがスッとでます


おそらく新品のグリスだからかもしれません



IMAG2536_convert_20161015215852.jpg


これはブラケット側です。スライドピンを刺すところの穴ですが、グリスがやたら汚いところでしたので中を見たら錆びてました


これが気になるのでリューターを入れて研磨しました

IMAG2537_convert_20161015215914.jpg


ある程度ですけど綺麗に取れたのでこの中にグリスを一杯いれました

スライドピンもダストブーツにも塗って装着


とりあえずはこれでキャリパーのオーバーホールは終了


明日は組み付け!の前にローター交換にも挑戦します


ローター外れるかな・・・



また明日続きを更新しますね





ではでは






スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yumetukamouyo.blog.fc2.com/tb.php/1373-11be77f8